ねこさんなのです

本日は1-6をやっておきました

C2_STAFF 11:59 現在「C2機関」では「佐世保」の皆さんと佐世保鎮守府130周年を応援する手作りコラボ第二弾の準備を進めていま す。佐世保の様々な皆さんと協力して、手作りだけど前回よりさらにパワーアップ予定!この秋に展開予定です。九州エリア、そして全国の戦略機動力ある提督の皆さん、少しだけ…お楽しみに!
↑(公式より)秋に何かやるようですが詳細フメイです

突然ですが、県別のブタの飼育数では(2016)
鹿児島、宮崎、そして千葉についでグンマーは4位です

ちなみに北海道は5位、佐世保のある長崎は16位です

なにもないのはさびしいのでとりあえず天津風衣装で
なにか養豚をしておく初雪、磯波のMMDイメージから
開始です

buta01









↑(左より)足元にブタ、天津風衣装初雪、磯波

buta02








↑初雪「ブタの名の駆逐艦とかあるの?磯波さん」
 磯波「ないですけど、ありますよ!」

ビミョーですが、英国海軍のWW2時期の戦時急造駆逐艦で
(JervisなどのJ級からすると後の世代となるP級です)
HMS Porcupine G93(いわゆるヤマアラシ)という艦が
ありました

しかしUボートの攻撃で大破したあと船体を2分割されて
しまってからは前半分が Pork で、後ろ半分は Pine という
愛称で呼ばれつつ戦後間もない頃まで宿泊艦として利用
されたということです

英国海軍はある2隻の駆逐艦の大破後に、前半分と後ろ
半分を溶接して1隻の駆逐艦としてつなげてそのあと
ふつうに使っていたりしたこともありますがそれは
また別の話です

なお Porcupine は英国海軍では歴史ある名称であり
同名の軍艦は歴代で9隻ほどいるようです

buta03








↑初雪「やだ Pork ってまさか?」 磯波「豚肉ですね!」

なお、江戸時代にはブタを食べる風習はほとんど
ありませんでしたが(主に仏教的殺生禁止が要因)
関東地方では大正時代の関東大震災の頃に牛より容易に
飼育可能なことや、そして洋食文化の急速な普及があり
養豚が盛んになったとされます

グンマーもまた豚肉の生産地として知られており、
このように駆逐艦とブタには不思議なつながりがあり、
グンマー湾はやはり駆逐艦と縁があると強弁しておきます
|`ヮ´)<いや、ないから!それゼンゼンつながってないから!

 

 ・・・


○1-6

そして以下ジミに1-6を進めます

・編成 GGあまつ島風Z3Z1初月

初手対潜で単横、空襲は複縦で強制D敗北、
最後は単縦

buta05


























↑ごごご・・ジミにまずは1周成功

母港前で随伴大破が出てもそのまま帰還です(自己責任で)

母港前で旗艦に大破が出てもダメコンを積んでれば
消費せず帰還できます(自己責任で)
なお4スロの軽巡だとやりやすいです

装備は主主電探、主主ソナーなどで省略

しかし今月は初手潜水でZ1大破(!)や
空襲マスあまつ大破が出て合計9出撃でEO達成でした
ヽ(`ヮ´)ノ


 ・・・


○ブタとともに送るグンマー湾泊地

buta04








↑(左より)天津風衣装初雪、ブタの尻尾、磯波
 磯波「じゃ、今日は豚骨ラーメン食べに行きますよ!」
 初雪「おー」

ブタは妊娠期間114日で1回に10頭前後の子豚を産む
とされ、誕生直後の子豚の体重は約1.5kgです

21日で約7kgで離乳、45日で約15kgとなっていき、
90日で約45kg、そして180日で110kgくらいで
基本的に食肉として出荷となります

母ブタは2年間で5回出産ほど出産し3年めで6回めの
出産をして約195kgくらいになったときには主に
ソーセージの原料として出荷されるようです

父ブタ(種ブタ)は8歳で役割を終えます
こちらは食用ではなく肥料となったりするようです


仏教伝来とともに禁止されていった牛・豚肉などですが
鎌倉時代に武士の時代になると狩りが奨励され密かに
食べたりあるいは薬として用いることが増えていきます

明治になると特に軍隊を中心に洋食が支給されるケースが
増えていき、日露戦争では大和煮(牛肉の缶詰)が軍人の
食糧として一般的になり多くの人が軍隊でその味を覚えた
とされその後の普及につながったようです

戦時中は魚肉が多くの人の主食というべき存在でしたが
戦後に入って輸入ものも増えて各種肉食が魚肉を上回り
現代に至るようです

○モデル
・とらはぜ式初雪、磯波
 衣装:天津風(piron)
○アクセ・背景
・ブタ(鍋蓋)
・ray-cast https://github.com/ray-cast/ray-mmd/releases

ずさーc(っ`ヮ´)っー!